logo
トップ > 活動・事業
活動・事業
活動・事業

「学習」とは学校において行われるものだけではなく、地域や社会においても行われる包括的なものであり、また子どものみならずその時その時で生涯続いていくものです。 教育支援協会南関東では乳幼児から高齢者までを対象とし、自主的な学びの場を提供するために多様な事業や活動を展開しています。 子ども・若者の活動や大人の学びを通じて、地域の教育力を上げ、自立した市民による地域づくりに取り組んでいます。 これらの事業や活動を通じて、子どもから大人まで、市民が共に学び共に生きる地域づくりに取り組んでいます。

小規模保育事業:P-kaboo保育園

小規模保育事業:P-kaboo保育園

平成24年(2012年)全国に先駆けて待機児童問題に取り組んだ横浜市の要請に応え「横浜市認定家庭的保育園」を開設しました。
その後も受け入れ人数への対応と質の向上を維持しながら「横浜市認可小規模保育園」の開設を平成27年に行ない、地域の0歳児からの子育て支援を行なう中、笑顔が絶えない子どもたちと保護者とその様子をやさしく見守る地域の方々の緩やかな地域社会づくりを行なっています。



小規模保育事業はこちら

埼玉地域教育事業

あそび先生育成事業

子どもは、あそびを通じて他者と交わり、未知に開眼し、物事の仕組みを学んでいきます。また、子どもの頃にあそびに熱中し様々な体験をした者ほど、自己肯定感が高くへこたれない大人になる、とも言われています。本事業の目的は、「あそび」を子どもに伝えることができるおとなたちを探し出し、多くの「あそび先生」を地域に輩出することです。同時に、子どもが学校や地域の交流の場で多くのあそびに出会う機会を創出し、子どもが輝く豊かな地域社会の実現に資することを目指します。

(1)あそび先生人材バンク登録事業
子どもたちと関わりのある分野の学生から高齢者まで多くの市民の皆様に声を掛け、事業趣旨に賛同し協力いただける方々を登録する。

(2)あそび先生スキルアップ研修事業
様々な分野から子どもたちが関心を示すあそびの達人を探し出し、あそびのワザの共有、協働、ネットワーキングする過程で、互いに刺激し合い学び合うことにより、達人それぞれが持つワザをブラッシュアップして頂く。
研修詳細

(3)あそび先生ふれあいプラットホーム整備・拡張事業
あそび先生と子どもたちのふれあいの場(小・中学校等派遣先)の開拓

埼玉生涯学習事業

埼玉生涯学習事業

さいたま市シニアクラブ育成指導事業

さいたま市老人クラブ連合会では、地域のおおむね60歳以上の方が自主的に集まり、社会奉仕や趣味・教養の集い、各種スポーツやレクリエーションなどの活動を通して、親睦と交流を深めています。その活動の推進・支援を行っています。


市民講座 講師派遣事業

さいたま市を中心として、いつでも、だれでも、どこでも学べる生涯学習社会の実現を目指し、高齢者を中心とした学びの活動を創り出すため、市民講座の講師派遣をしています。

H30年度 プラザウエストPC講座への講師派遣